×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エンジン交換

以前からキャブのフロートバルブが変磨耗をしていてオーバーフローを起こしていた。
何時か直そうと思いほったらかしにしていた。久々にエンジンでも回そうと思いセルを
回した。『キュルキュルキュル・・カキィーン』はい終了。
最初は何が起こったか解らずボー然としていました。もしやっと思いプラグを外し、溜ま
ったガソリンを抜いてセルを回して見ても時すでに遅し。もう二度とセルは回りませんで
した。オーバーフローしたガソリンのせいでバルブが逝ってしまいました。

自分の不注意で壊したエンジン。あらゃらゃです。
とりあえず、新しいエンジン探そ〜っと。



エンジン降ろし

さすが250。軽い軽い。フレームから吊っているタイプなので外すもん外せば『ボテッ』っと
落ちます。まるで鶏が卵を産むように。


エンジン探し

同じCBR250Fの解体車を色んなショップに探してもらいました。行きつけのショップから連絡が
あり『あったぞ〜』とのこと。すぐに引き取りに行きました。『エンジン動くかわからんから動かん
かったら返していいよ』そんなバイクを引き取り、またエンジン降ろし。



エンジン交換

引き取ってきたバイクはフロントがダメになっただけの車両だった。まずは外装をかったっぱし
からひっぱがし、作業しやすいように。
一応確認の為キャブをバラシて見た。『うぎゃ!!』案の定ガソリンが腐ってゼリー状に。
『こりゃ〜ダメかな?』っと思いつつオイルを抜いてみた。『何じゃコリャ〜!!』開けてビックリ
玉手箱。劣化も無く新品のオイルが出てきた。『ラッキ〜!!』


とにかくエンジンが回ればいいやと思い、外したエンジンを載せキャブと電装系だけ取付けた。
勿体無いが4CRをぶち込み、シリンダー内にも少量塗布。マフラーも冷却系も付けずにエンジン
始動。しばらくセルを回した後『ブロロロロ〜ン』っとエンジン始動!!
『やった〜!!』っと思ったのもつかの間、ガレージ内はシリンダーに塗布したオイルで真っ白。
全てを組上げ実走するも問題なし。

このバイクでまだまだ走れそう。今度エンジン壊れたら?壊したらRRのエンジンにします。