×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャブ交換

長期間乗らない時はキャブ内のガソリンを抜き、保管していれば問題はないんだけど
忘れてほったらかしにしてるとガソリンはすぐ腐ってゼリー状。こーなったら洗浄しても
だめ。終了です。特にスロー系はどーにもなりません。
こんなことを2回もやらかしました。その度にキャブ交換です。(泣)

インテークピッチ


今回はCBR250RRのキャブを無理やり取り付けました。エンジンは同機種なのでキャブ
ピッチは問題ないが、エアークリーナーBOXの形状が違う為(あたり前)取付ベースを変更。
変更と言うか、基のCBR250Fのものを使用。これがつかねーんだな。なので無理やり。
CBR250F RRキャブ CBR250F RRキャブ
CBR250F RRキャブ CBR250F RRキャブ


もう一つ問題が。
キャブの口径が違う〜。なので、ノーマル(CBR250F)のインシュレーターでは取付不可。
RR用のインシュレーターを使用すれば問題ない。


ちょい加工
ちょびぃとだけ加工しました。取付の為に必要な加工でわありません。
各ボディーの負圧導入経路を0.5mm広げました。スプリングはそのままで使用。


完成!!
ちゃんとエンジン動きます。レスポンス等は自分のレベルではわかりません。
悪くなってないのは確かです。



※長期保管

どんなバイクでも同じだが、長期保管する場合はキャブ内のガソリンを全て抜いておくのが
トラブルが少ない。『面倒くせ〜』っ人はWAKOSのヒューエルワンがお薦めです。
ガソリンが劣化して出来るガム成分等を溶かしてくれ、しかもシリンダー内のカーボンまで
取ってくれる優れもの。本当に効果が出るのはヒューエルワンを入れたガソリンを使い切っ
てから。一度お試しあれ。